dtm初心者にとってオーディオインターフェイスとミキサーの接続を間違えてハウリングを起こしてしまうのは、良くあるミスです。そこで、オーディオインターフェイスとミキサーの接続はどうすれば良いのか、全くの初心者向けに分かりやすく解説します。 ミキサーはmicro usb端子からの電源が必須. スマホのチャットアプリなどで通話をしながらゲームの音をミックスして再生できるusb接続のデジタルミキサーです。 マイク回路を内蔵し、ヘッドセット、ゲーム機、スマホを、付属のケーブルで接続するだけのシンプル設計です。 YAMAHA AG06はiphone、ipadとの接続だと基本的にバスパワー接続できません。(2018年以降の新型のipad proだとバスパワー駆動できるみたい) usb端子はiphoneとの接続で使ってしまうので給電用にmicro usb端子を使いましょう。 ⑤スマホ・pcで音楽を流しながら、gainを上げる. BEHRINGER XENYX X2442USBこのミキサーとiPhoneを繋いで音を出したいのですが、繋ぎ方、使うケーブルなどを教えてください!クイックスタートガイドの「MP3 Player」と図示されているように、iPhoneをオーディオケーブルで繋がればいいん ミキサーの入力側にマイクと音楽プレイヤー(音楽を流せるものであれば古いスマホでもpcでもなんでも良い)を接続。出力にスマホを接続することでマイク音声+bgmのミックス音源がスマホに入力され、 live放送にはマイク音声にbgmが加わった音源で配信可能。 あとはミキサーの方でボリューム調整を行って、ライブで使うアンプに接続すればそれでOKとなるわけです。 PAミキサー機能説明 では具体的に、どこがどうなっているのか、解剖してみましょう。 本来スマホ用のデバイスであるgo:mixer proをpcに接続してみた 結論からいえば、ごく一般的なmicroUSB-USB Aのケーブルを用いることで、あっさりとつないで動かすことができました。 スマホ・pc の音量は最大 にしてください。 先ほど挿したケーブルの下にあるgainというつまみを少しずつ上げていき、ちょうどいい音量まで持っていきます。 (gainではなくtrimって書いてるミキサーもあります。