図解フカセ釣り仕掛けの作り方・ラインの結び方 フカセ釣りの仕掛けを見てみましょう。下の図がフカセつりの一般的な仕掛けです。たくさんの小物が付いていますが、全て仕掛けにはなくてはならない重 … また、『ちゃんとタナを合わせているつもりなのに釣れない』ケースもあります。その原因は、潮の流れにあります。下図のように、潮の流れが速いとウキ下の仕掛け全体が横に流されて、サシエがなかなか底に沈まないからです。 ガン玉の打ち方 ・・・速く沈めるときと張りを持たせるときは使い方が違う. フカセ釣りをしていると、さまざまな外的要因により、仕掛けが狙い通りのタナやポイントまで届かない、もっとひどいときは仕掛けが浮くことがあります。 軽い仕掛けのフカセ釣りは風が最大の敵と言っても過言ではない。無風で魚の活性が高いといった条件が良い日に釣りに行けるのは一生に一度あるかどうかの世界であろう。ならば、風が吹いた時の対策という引き出しを多く持っている方が釣果に恵まれます。 最初はなかなか仕掛けが沈まないので、20mぐらいまでは一気に手で道糸を出して沈めます。 こうして30~40mほど仕掛けが流れたら、リールのスプールに指を当て、道糸が出るのを止めて道糸が張るのを待 …

最近になってよく耳にする沈め釣りという仕掛けのスタイル。 私も去年の今頃から、沈め釣りにハマり釣行する度に、その仕掛けで何匹もの魚を掛けてきました。 が、正直最近になって余りメリットを感じなくなってきたのが本音なんです。 あっいやいや僕がですよ。 私だって適当で運任せの釣り師には読めないように書いていますから。 では、ウキを沈める仕掛けはどうだか考えてみてください。 ウキの沈め方にもいろいろあるのですが、私の推奨仕掛けでは、仕掛け全体の沈下速度は割りと速いです。