?】今や定番! 両側スライドドアの意外な欠点とは ハイエース、n-boxやセレナなどミニバンが採用している装備がスライドドアである。最近では両側スライドドアを採用するクルマも増えていき、片側スライドドアよりも圧倒的多数となったという。 【便利すぎるゆえの盲点! ミニバンをはじめ、リッターカーから軽自動車に至るまで、日本ではスライドドア車が大人気。おそらく世界的にここまでスライドドア車をラインアップしているのは日本車メーカーだけでしょう。 なかでも軽自動車のスライドドア車は、軽自動車の内40%を占め…

軽乗用車. 価格 1,507,000円〜 燃費 14.6〜16.2km/L 軽自動車税(環境性能割)は、新車届出時の環境性能に応じて自家用届出車は、非課税または1%~2%課税されます(2021年3月31日まで)。ただし、2020年9月30日までに新車届出する場合、軽自動車税(環境性能割)の税率が1%軽減されます。 車のスライドドアが日本に最初に生まれたのは1966年。商業車のダットサンキャブライトが 最初だった。日本の狭い道路でもドアが開けられ、荷物を出し入れできる。そんな利点で人気になった。以来、商業車を中心に広がり始める。そして1980年代に入り 価格 863,500円〜 燃費 25.2〜37.0km/L. 軽自動車税(環境性能割)は、新車届出時の環境性能に応じて自家用届出車は、非課税または1%~2%課税されます(2021年3月31日まで)。ただし、2020年9月30日までに新車届出する場合、軽自動車税(環境性能割)の税率が1%軽減されます。 実際、軽自動車を見てみると、スライドドアモデルは当たり前のアイテムになってます。 軽自動車ですらボタンひとつで開閉出来る電動スライド式が普及しているのに、普通車である白ナンバーのクルマで“人力”を必要とするドアというのも寂しいということなんだと思います。 2013年に登場し、パワースライドドアなどの便利装備、衝突被害軽減ブレーキなどの安全装備は軽自動車として早いタイミングで採用されましたが、標準装備ではなくグレードごとの設定やオプション設定。中古車購入の際は注意が必要です。 価格 1,537,800円〜 燃費 22.0〜23.6km/L. 現在、日本全国で軽自動車 を選び、購入する人は 全体の約40%以 上 と言われています。. 軽自動車スライドドアの姉妹車(oem) ベースが同じで外観が少し違うだけで内装はほとんど同じ軽自動車スライドドアの姉妹車をご紹介します。 三菱ekスペース(日産デイズルークスの姉妹車) マツダ・フレアワゴン(スズキ・スペーシアの姉妹車) シフォンアイボリー. 本体価格 (消費税込) 79.2 万円. スライドドア軽自動車ランキング2020. スライドドア搭載の自動車は乗り降りがしやすいだけでなく、荷物の積み下ろしも楽にでき便利です。とくに子どもがいる家族にはおすすめ。この記事ではなかでも購入費用も安い「スライドドア搭載の軽自動車」について、特徴やおすすめ車種をくわしく解説。 マツダ フレアワゴン 660 XS ベージュ内装 左側電動スライドドア.