【浄土真宗】では、新しくお仏壇を向かえる場合には「入仏式」を行いお勤めをします。 「開眼供養」「魂入れ」「お精根」などの呼び方は俗称で、正式には、「入仏法要」(にゅうぶつほうよう)と呼び … たとえば・・・浄土真宗では、 亡くなればすぐに成仏して仏になる という考えから、位牌自体が存在しません。 位牌がなければ、仏壇だけに魂入れをするのもおかしな話ですし、必要ありません。 地域性も …

浄土真宗は、「阿弥陀仏の本願を信じ念仏を唱えることで、阿弥陀如来によって極楽浄土に迎えられ、救われ、仏になる」という考えを基本とし、親鸞聖人によって開かれた仏教の宗派の一つです。 仏壇は宗派によってその飾り方や呼び方、意味合いが大きく変わります。 浄土真宗では魂入れを行いませんが、その代わりに入仏法要という儀式を行います。 引越しや仏壇を処分する時は魂抜きの儀式が必要になります。 用意する物や購入先で迷った場合、専門店や菩提寺に相談 … 「お仏壇を買いましたから魂入れをしてください。」 このようなご依頼をよく受けます。 浄土真宗では、新しくお仏壇をお迎え(購入)した際に、 「入仏法要」 というおつとめをします。 入仏といっても、仏さまに魂を入れるわけではありません。 魂抜き・閉眼供養:浄土真宗本願寺派僧侶派遣(お坊さん手配)2.7万円(宗派指定・お車代・心付け含む)、お仏壇処分1.5mまで2万円~、位牌・過去帳・遺影・卒塔婆・人形のお焚き上げ・供養1点1,500円~。全国対応します。 ここまで、浄土真宗についてお伝えしてきたように、浄土真宗では亡くなった直後に阿弥陀如来によって極楽浄土に導かれるという考え方が基本で、阿弥陀如来がいらっしゃる極楽浄土は光り輝いていることをイメージしやすいように仏壇には金色が使われます。