妊婦健康診査受診票は補助券などと呼ばれ、妊婦健診にかかる費用の一部を公費で負担してくれるありがたい制度。 使えるタイミングや受け取れる枚数は決まっていますが、妊婦健康診査受診票を利用することで妊婦健診の自己負担額は無料〜5,000円程度になります。

補助券とは、あらかじめ妊婦健診において医療機関で使える補助金額のみが記載されている券のことで、割引チケットの役割をします。平成26年4月の厚生労働省発表によると、受診券方式を採用している市区町村は265あり、全体の15.2%を占めています。 「妊婦健診助成金」最高額の自治体はどこ? 先ほどの「妊婦健康診査の公費負担の状況にかかる調査結果について」より引用すると、比較的頑張っているのが岐阜県で、 129,146 円 でした。 とりあえず、県庁所在地ということで代表として岐阜市の妊婦健診助成内容を見てみます。 妊婦健診補助券が余ったら、返金されるのか否か? これは、 補助券が発行された自治体によります! まずは、webサイトなどでチェックしてみましょう。 例えば… 「〇〇市( ← 自治体名) 妊婦健診補助券 返金(or 払い戻し)」 と 検索 、 ポチっ! 補助券bは1回につき数枚使用できますから、1000円以上差額がある場合は補助券使用してください!とお伝えすれば、使用できます。35週も過ぎて補助券bが10枚も余ってたら惜しみなくつく方が良いですね。出産時には使用できませんからね。あくまでも妊婦検診に使用する場合ね。