1 論題 「日本の小学校は、ランドセルをやめて自由かばんにするべきである。」つまりこれの賛成と反対で話し合うわけですね。「日本の小学校は、ランドセルをやめて自由かばんにするべきである。」というのが、今回のテーマです。 今度国語の授業でディベートをやるんですが、テーマが見つからず困っています。テーマは何でも良い(真面目でもちょっとふざけていても経済でも学校生活でも)みたいです。人に頼るのは良くないと思うのですが、もうすぐテーマが締め切ら ディベートとは一定のルールにしたがって第三者を説得する討論のことです。単なる話し合いを意味するディスカッションとは違い、ディベートとは賛成と反対に分かれ、論理的に説得を試みることに焦点が当てられます。やり方やルールについて説明します。 3.小学校英語教育は効果があるかどうか? 4.学校にスマートフォンを持ってきて良いかどうか? 5.男性専用車両は今後作る必要があるかどうか? 6.タバコの値段を1,000円にすべきかどうか? 7.民泊の法規制強化は必要かどうか? npo法人burning mind(バーニングマインド)の講評のページ(200608_02)です。各論題でディベートされた肯定・否定側の内容を掲載やbm講師による総括なども掲載。 はじめに 日本では近年、子どもの学力低下が懸念され、様々な対策が行われている。その対策の 一つとして、小学校での英語教育、いわゆる早期英語教育が実施されてい … それでは、まず、小学校英語の必修化に「どちらかといえば賛成」というかたが、小学校英語に求めることから見ていきましょう。「賛成」のかたには、小学校の英語教育に期待することを、3つまで選んでいただきました。 ディベート(・・というか会話)のテーマを探しています。10個以上のテーマが紹介されているページのurlをお知らせいただくか、回答者の方が10個のテーマを作っていただいても結構です。 基本的に … ディベートの必要性米国ではディベートが学校教育の一部になっているといわれています。一方日本では一部の教育機関以外では、ディベートを学ぶ機会がありません。では、どうして日本ではディベート教育がないのでしょうか?日本の歴史からディベート不在の理由を探ります。 早期英語教育は必要か 蔵満百佳 1. 小学校から始める英語教育について、教育者や親からは様々な意見が飛び交います。英語教育の幼児スタートは十数年前から日本でも推奨されています。そこで今回は、小学校での英語教育のメリット・デメリットをお伝えします。 早期英語教育、というにはちょっと遅い。 ですが、それでも「小学校の英語教育」について賛成の方は数多く、そもそも政府が導入を決定した制度なのです。 まずはその「メリット」として賛成意見を集めている部分から見ていってみましょう。 英語教育における1番のメリットは早くから英語に親しむことができることです。では、なぜ早くから英語の学習を始めることが必要なのでしょうか。 それは「臨界期」の存在が関係しています。言語習得が最も効果的な時期の限界を臨界期と呼びます。