神奈川県内の自治体の公共料金をNTTレゾナント運営のgoo住宅・不動産が一覧で紹介。住宅購入補助金やリフォーム補助金、新・省エネルギー設備機器等導入補助金、幼稚園・保育園の補助金、医療費助成金もまとめて比較できます。 川崎市内での転居の方は、「水道の使用休止届」のお手続きを先に行ってください。 ※水道の使用休止届について (1)3日以内に使用休止の方、(2)引越済みの方、(3)現地精算をご希望の方は、お手数ですがお電話でのお手続きをお願いします。 3人家族の水道使用量(水道料金)の平均 3人暮らしの水道使用量は、1カ月あたりで平均 20.8㎥ となっています。 使用水量から算出すると、上下水道料金の平均は、2か月で9,000円~10,000円、 1カ月あたりにすると、 4,500円~5,000円程度 となります。 公共料金が一番高い街は「山形市(山形県)」で年間に351,761円でした。 一番安い街は「宮崎市(宮崎県)」で212,622円でした。 約14万円の差がありますから、月に1万円以上の違いが出ます。 一人暮らしから大家族まで、世帯人数別の水道料金と使用水量の平均を調査しました。ご家庭の水道料金は、風呂、トイレ、炊事、洗濯の4つのシーンで全体の94%を占めます。この4シーン全てで節水を心掛けることにより、大きな節約効果が期待できます。

水道光熱費の平均金額がいくらかご存知ですか?「同じ家族構成の他所の家庭の水道光熱費はいくらくらいなんだろう?」「うちは他所の家庭と比べて水道光熱費は高め?安め?」誰しも気になる”一般家庭の水道光熱費の平均額”を、ご家庭の人数別にご紹介します。