年金受給者が死亡した場合 すみやかに、基金へご連絡ください。 (連絡先:06-6907-4816) 受給者が亡くなられた場合、受給者本人への年金のお支払いは終了します 死亡者の配偶者・子・父母・兄弟姉妹・祖父母・孫(生計を共にしている) 死亡者が国民年金を3年以上を納付している 死亡者が老齢基礎年金・障害基礎年金を受給していない 年金の滞納期間がない 年金受給者が死亡したら、年金の手続きはどうしたらよいのでしょうか?こちらでは年金を貰っていた方が死亡した時の諸手続きについて分かりやすく解説しています。提出期限のある書類もあるので間違いがないようにしましょう! 障害年金受給者が亡くなった後に発行されたもので、かつ、年金事務所への提出日から 6 か月以内に発行されたものが必要です。 世帯全員の住民票の写し: 障害年金受給者との同居の有無などを確認するための資料として必要です。 死亡者の住民票の除票 ・厚生年金または共済年金加入者(第2号被保険者)→10日以内 ・お近くの年金事務所または街角の年金事務センターで手続き ・「年金受給権者死亡届(報告書)」を提出 . 夫の老齢厚生年金が老後資金の支柱となっており、妻が老齢基礎年金のみしか受給していない場合は老後資金が枯渇する可能性が高まります。今回は、夫の死後に妻の「年金額がいくら減ってしまうのか」遺族年金の受給額を踏まえて解説を行います。