あなたがお父様の相続財産を売却したり、預金を使ってしまったなどの事情がなければ、今からでも相続放棄できる可能性があります。 原則は、3ヶ月以内に相続放棄しなければならない

今までのルールでは、このような場合に引き出した方がご自分の生活費等に使ってしまっても相続財産とはみなされませんでした。しかし、平成30年度の民法改正で取り扱いが明確となり、使ってしまった相続人以外の方が、それを相続財産として扱うべき。

手続きだといいます。 相続放棄の手続きが済んでしまえば、せっかくのプラスである 預金100万円も手放さなければならない と考えると残念感があります。. 相続人が亡くなった人の財産を処分した場合には、「法定単純承認」とよばれる事由に該当してしまい、もう相続放棄をすることができません。一般的な「処分」は「捨てる」ことを意味すると思いますが、ここでいう「処分」は法律用語として使われています。 そこでaさんは、相続手続きを前提にしつつも預金100万円を手放すのが惜しいと考え、使ってしまいました。 相続財産の一部を処分すると、単純承認したものと扱われ、以後、相続放棄はできません(民法921条1号)。 ご質問の件は、支払いのために、 姉が、自分の財産を使ったか、父の財産を使ったかによって、結論が異なります。 今からでも相続放棄できる可能性がある.