相続税の納付の際には、納付書が必要です。 この記事では、相続税の納付書の書き方や記載例、それから入手方法等について、わかりやすく説明します。 是非、参考にしてください。 目次相続税納付書はどこでもらえる?入手方法は?相続 […] 届出書・申請書等の様式(申告所得税関係) 税務手続の案内(税目別一覧) 税務手続に関する書類の提出時期; 届出書・申請書等の様式(様式検索システム) 申告書の税務署への送付 【記載例あり】x相続税の納付書は他の税金の納付書と書き方が少し違いますよ!書き方自体は難しくはないのですが、知らないと書けないものです。そこで、ここでは相続税の納付書の書き方について、相続税専門の税理士が実際の納付書画像を使って分かりやすく解説していきます。 申告書や申請書等の提出に当たりましては、「番号制度に係る税務署への申請書等の提出に当たってのお願い」をご確認ください。 本人確認書類の写しを添付して提出する場合には、 「本人確認書類(写)添付台紙」(PDF/241KB) をご利用ください。 相続税がかかる財産の明細書(相続時精算課税適用財産を除きます。) 平成31年1月分以降用: pdf/848kb: : 第11の2表: 相続時精算課税適用財産の明細書・相続時精算課税分の贈与税額控除額の計算書: 平成24年4月分以降用: pdf/1,062kb: : 第11・11の2表の付表1 所得税・源泉所得税 / 相続・贈与税 / 法人税 / 消費税・間接諸税 / 酒税 / 法定調書関係 / 納税証明書・納税手続 / その他; 税務手続に関する書類の提出時期

相続税の納付書の書き方を画像付きで紹介します。納付書は税務署で入手することができます。納付は金融機関、コンビニでできます。原則は金銭での納付ですが状況に応じて延納や物納も可能です。納付期限は相続開始を知った日(被相続人の死亡した日)の翌日から10ヶ月以内です。 【相続税申告における納付書記載例】1.年度こちらは、納付日の属する会計年度を記載します。会計年度とは、国が収入及び支出の状況を明らかにするために便宜的に区分した1年の期間を指します。例えば、平成30年4月1日から平成31年3月31日までに納付する場合は “30” と記載します。