確定申告を間違えた場合はやり直しできる確定申告書を提出した後に、間違いに気付いたり、他の人に指摘を受けることがあります。・医療費控除が漏れていた・保険の満期があったのに申告してなかった・経費が漏れていたなどなど。結果として確定申告書の内容が 会社員などの給与所得者の方は、確定申告をする機会がほとんどないと思います。そのため、確定申告をするとなったらほとんどの方が税務署に行き、1時間以上並んで、少人数でやりくりしている職員さんを呼びながら、少しずつ申告書を作成していきます。 提出した確定申告書に間違いがあると、税務署から修正するよう連絡が入ります。ただし、それは納付した税金が少なかった場合のみ。多く税金を納めた場合は教えてくれません。損をすることのないよう、確定申告で間違いやすい事例について解説します。 今年も3月に面倒な確定申告を終え、ほっと一息。ところが、仕事が忙しくてバタバタと手続きしたこともあって、今になって申告額に間違いのあることに気がついた! そんな場合には、すぐに変更の手続きをとりましょう。申告額が少なかったら、放置するのは危険。 確定申告の『訂正申告』 確定申告の間違いに気付いたのが確定申告の期限前(例年3月15日が締切日です)だった場合、訂正申告をすれば罰則なしで何度でも訂正することが可能です。 国税庁のhpではこのように謳われています。
平成29年度分の確定申告期間が終了しました。 申告者側は確定申告が終わってやっと一安心ですが、 税務署はここからがいよいよ本格的に忙しくなります。 申告のあった1件1件を計算したり内容を精査したり、 無申告者の調査をしたり、税務署的にはむしろここからが本番です。 確定申告の申告期限後に間違いに気づいた場合も、出来る限り早めに対応することが重要です。 対応が遅れると、税金が余計にかかる場合がありますし、申告期限から5年が経過したら対応できなくなる事も … 確定申告書を提出した後で、間違いを記入したことに気が付いたらどうしたらいいでしょうか?例えば、医療費控除やふるさと納税の申告漏れに気づいた、計算の間違いや記入ミスに気づいた等です。申告の期限前なら、「訂正申告」をすれば大丈夫です。 この場合には、修正申告により誤った内容を訂正します。修正申告をする場合には、次の点に注意してください。 誤りに気がついたらで� 申告書の提出後. さて、今日は久しぶりに確定申告のお話です。 平成26年分の確定申告については、 すでに振替納税の期日も過ぎ、 還付申告された方も、「還付されて一安心」という時期ですね。 ただ、「税務署から間違いを指摘されるのはいつか? 確定申告する際には、様々な書類を用意します。 忙しい中、締め切りの3月15日に合わせて書類を作り、税務署に持って行くので、慌ててしまうこともありますよね。 しかし、そうなると書類の記載を間違えることが多くなります。 確定申告を間違えたときの対処法を、いくつかのケースに分けてご説明します。前提としてミスのないように注意深く申告書を作成する事が重要ですが、確定申告の間違いに気づいた時は、早めの対応を! 更正の請求書は、確定申告書等作成コーナーのトップページから作成することができます。 納める税金が少な過ぎた場合や還付される税金が多過ぎた場合. 所得税の確定申告書を税務署に提出し、受付が終了したら、基本的には手続きは終了となります。ただし、万が一間違いがあったり、添付しなければならない資料が足りなかった場合には税務署から電話かはがきで連絡がきます。 逆に税金を少なく申告してしまった場合は、税額がたとえ100円でも指摘され、修正申告と納税を求めてきます。 この辺りが税務署のイヤらしいところかな…と常々感じています。
【税理士ドットコム】確定申告の時期には全国で2,000万人を超える人が確定申告をするそうです。そのため、申告の期限間近は、税務署が大変混雑しています。そこで、少しでもスムーズに申告ができるように、国税庁が「確定申告時に誤りの多い事例」をhp上に掲載しています。