都会暮らす青年が、山小屋を営む父の死をきっかけに立山連峰へと帰ってきます。亡き父の友人や、父に命を救われたという女性と交流を通して、青年は山小屋を継ぐことを決意します。 ※映画は立山を舞台にしています。 7月29日の時点では、実写映画化が決定したとしか発表されていません。 今後、映画化の進展があり次第更新していきます。 昭和初期~中期の映画くらいの都会というよりは町や住宅街が舞台の映画を探しています。当時の時代背景や生活をよく描いているものがいいです。現代の物でもいいのですが、できれば当時作られたもので、設定があまり突飛でないもの。主人 沖縄の離島を舞台に、個性的な住民達の珍騒動を描いたオムニバス。脚本は「はれ日和」(8ミリ)の真喜屋力が執筆。監督は真喜屋(第1話)、中江裕司(第2話)、當間早志(第3話)、いずれも自主映画出身で本作がデビューとなる。 自ら作画して実写映画化を祝福している方もいます。すごいですね。。。 『都会のトム&ソーヤ』実写映画化まとめ. 舞台版のプロデューサーとはブロードウェイでの公演が終わるまで公開しないという契約で、公開日を1942年 9月30日に予定していたが、舞台が3年半のロングランとなり、1944年まで公開できなかった。