これは赤ちゃんを出産出来るのかという生産率の数字です。37歳くらいから徐々に低下していきます。 こうして考えると遅くても35歳位迄の妊娠が望ましい事と、不妊治療を受けたり子作りをするのならば42〜43歳が数値的に見てもリミットかもしれません。 近年、晩婚化が進むにつれて高齢出産の割合も増加しています。医療技術が発達し、健康に気を使う人が増えたことで、40代の女性でも高齢出産が可能になっていると感じるかもしれません。しかし、20代や30代前半に比べると、高齢出産に様々なリスクがあるのは事実です。 タイミング法や人工授精から「体外受精(ivf)」に切り替えるか悩んでいる夫婦にとって、妊娠率は気になるところ。また、より成功率を上げるためにできるだけのことはしておきたいですよね。今回は、体外受精の年齢別の妊娠率や、成功率が上がる治療法・生活習慣についてご説明します。

42歳を超えると体外受精をしても成功率は1回当たり1割未満になります。 そもそも体外受精自体さほど成功率が高くないので、より一層妊娠の成功は難しいということです。 45歳になると不妊治療の成功率はゼロに近くなります。 40歳になると不妊治療の方向を見定めることが大切です 40歳を境に、体外受精での妊娠の成功率が他の年代に比べて落ち幅が大きくなります。 一口に40代と言っても、40代前半と40代後半とでは妊娠成功率にも差があります。 女性が妊娠できるリミットの年齢を42歳と定義したのはなぜか。今回は、年齢ごとに不妊治療をして妊娠できる確率とともに、産婦人科女医で性科学者の宋 美玄(そん みひょん)先生にお話をお伺いしまし …