エラーの種類を取得する事で、エラーの種類に合わせて処理を変更する事が可能です。 エラーの種類は「Errオブジェクト」で取得出来ます。 Excel VBA マクロのエラーを処理する方法を紹介します。対処法は発生したエラーをキャッチして、原因となるものをデバッグして見つけます。エラーを無視したり、エラー処理を無効にできます。Finally を使用して後処理ができます。 プログラムのエラーを無視するサンプルコード. 今回のVBAコードはプログラムのエラーを無視するマクロを確認しますが、まずは以下の処理を実行してみてください。. なお、エラーメッセージは、Excelの(というかVBAの)バージョンによって変わることがあります。 Return に対応する GoSub がありません。 (エラー番号:3) プロシージャの呼び出し、または引数が不正 … どうも、taka(@takabou63)です(^^♪ 今回は「値のエラーを判定する」IsError関数をご紹介します(^^)/ VBAのIsError関数とは? この「Is系」の関数は「データが〇〇であるか判定」するときに使用します。今までにも【IsDate関数】・【IsNumeric関数】などをご紹介してきました(^^♪ 今回のIsError関数は、関 … Sub sample() Dim i As Integer i = "VBA" MsgBox "変数iは" & i & "です。 ADO エラーをキャプチャするには、Microsoft® Visual Basic のOn errorステートメントや Microsoft Visual C++®のtry-catchブロックなどのプログラミング言語を使用します。 エラー コード エラー メッセージ----- -----3 Return に対応する GoSub がありません。 5 プロシージャの呼び出し、または引数が不正です。 6 オーバーフローしました。 7 メモリが不足しています。 上記コードの「Resume Next」を「Resume」とした場合無限ループになるのでご注意ください。 6.エラーの種類を取得する. vbでプログラムを作っているとシステムから割り込みが発生し異常終了するケースが多々あります。 そのとき、エラー番号が表示されるのですが、意味がわかりません。 で、ネットで『vbエラー一覧』で検索しても良いページがヒットしませんでしたが…たまたま見つけたのが以下のページです。 今回のvbaコードは一度設定したプログラムのエラー処理を無効にするマクロを確認しますが、まずは以下の処理を実行してみてください。 Sub sample() Dim i As Integer i = "VBA" MsgBox "変数iは" & i & "です。