WordPressの記事内でHTMLタグをそのまま表示させたいときってありますよね。 例えば、「

は段落を表すタグです」という感じに。 でも、こういう文をそのまま入力しても、実際は「は段落を表すタグです」と表示されて、<>で囲まれた部分が消えてしまいます。 最新の投稿. それでは、ここからいよいよ、本題のWordPress初心者が知っておくべき10個のHTMLタグを一つずつ紹介していきます。 ここにチェックを入れると、 任意の固定ページをトップページに表示させることができます。 WEB制作 2015.11.4 WordPressで記事本文を抜粋表示する文字数と文末の[…]を変更する方法 WEB制作 2015.9.17 WordPressでページの種類によってタイトルなどを変更する条件分岐方法 注) WordPressをHTMLで表示させるプラグインに、「Make cache」というものがあるが、Make casheを使用すると、ページや投稿を更新した際、いちいち「キャッシュ再構築」をしなくてはならなく … html静的ファイルにWordPressの記事を表示させたいと思っています。 WordPressbは「wp」の中にインストールしてあります。 その外「info」へhtmlファイルを作りました。 www ├wp ├wp-contentなどのWordPress ├info ├index.htmlなどhtml静的ファイル テーマの編集でHTML・CSSを編集 テーマの編集では、適用しているテーマのHTML・CSS・PHPのコードを直接書き換えることができます。 ※この操作はHTML・CSSの基本を理解している人が自己責任でやるようにしてください! 手順① サイトトップから変えたい領域で右クリック サイトトップを確認し … ここにチェックを入れると、 WordPressに投稿した最新記事が表示されます。 ブログではなくHTMLサイト風にしたい等でなければ、 「最新の投稿」にチェックを入れてください。 固定ページ. Descriptionは画像のメモでHTMLにもブラウザの表示にも関係ないので、特に設定する必要はありません。 WordPressでキャプションが設定してある画像を挿入すると、block要素の親要素のdivで囲われ、「 wp-caption 」というクラス名が付きます。 こんな感じで、それぞれのテキストがhtmlタグで囲まれた状態で表示されます。是非、導入しておいてください。 WordPress投稿に必須のHTMLタグ10個. Wordpressを使う醍醐味といえば、自分なりにカスタマイズすることではないでしょうか。Wordpressをインストールしたら、次はカスタムの方法を学んでいきたいですよね。 自由度が高いWordpressは、HTMLやCSSの知識があれば容易にカスタマイズすることが可能です。